今日はBちゃんが亡くなった時以上に、
焦って色々な人々に連絡してしまいました。


お店には、余計な心配を掛けないように、
やんわりと明日お休みを頂く連絡をしました。


とても似た境遇の、かつて同じお店だった先輩とも電話で物凄く話してしまいました。


まだ確実に診断された訳では無いので希望は捨てないでいたい。



立春までの野望は、
それどころではないな…。



『大丈夫!』
って言ってくださった方も何人も居た。


『もしもの場合、チワワくんは私が世話してあげるから!』
って言ってくれた子も居た。



明日以降に、私の今後の人生が分かれる。

どうか、大したことありませんように。


大叔母さんが、確か昔それで手術したんだったなぁ。


大叔母さんは農家だったから、元気になってから、仕事していたと思うけど…。



何のことやら?
って具体的な事は言えませんが、
大したこと無いことを今は強く願うだけです。


2018年12月3日(月)